読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Netflix Selektah Playlist: ネットフリックス・セレクタ・プレイリスト

日本のネットフリックスで配信されている日本未公開作品を中心にセレクト

「失明に関する所感」Notes on Blindness (2016)

f:id:nethulux:20170315230247j:plain

IMDb: 7.2/10 - 563 votes

失明した神学者、ジョン・ハル。自らの目が光を失う様子を、肉声で克明に記録していた。その内容に基づき、彼の感じていた世界が、鮮やかな映像で表現される。

Watch: Netflix (ネットフリックス)

公開日: 2016年1月24日 (サンダンス映画祭)

日本未公開

◆Alternate Realities VR Award
◎“Notes on Blindness: Into Darkness”(英・仏) 監督:Arnaud Colinart、Amaury La Burthe、Peter Middleton、James Spinney [ヨーロッパ・プレミア]
1983年夏、ライターで理論家のJohn Hullは、第1子が生まれたその日に失明する。人生における激変を理解するために、彼はカセットレコーダーを使って、日記をつけ始める。1990年、日記は“Touching the Rock: An Experience of Blindness”として出版され、それを読んだオリバー・サックスは、「盲目であることを、これほど非凡に、正確で、深く、美しく描いたものを読んだことがない。傑作として私の心に刻まれた」と感想を述べている。James SpinneyとPeter Middletonは、特別にオリジナルのテープへのアクセスを許され、そこから、“Notes on Blindness: Rainfall”(2013)、“Notes on Blindness”(2014)という2本の短編ドキュメンタリー、“Notes on Blindness”(2016)という長編ドキュメンタリーを制作した。本作は、そこからさらに発展させて制作した30分のインタラクティヴ・ドキュメンタリーで、盲人の感覚世界を、美しいアニメーション、ヴァーチャル・リアリティー、リアルタイム3-Dを使って、追体験を可能にした。

 サンダンス映画祭2016 ニュー・フロンティア部門出品。
 トライベッカ映画祭2016出品。
 シドニー映画祭2016出品。

シェフィールド国際ドキュメンタリー映画祭2016 受賞結果! 海から始まる!?/ウェブリブログ

さよなら、サックス先生「1人ひとりの物語」は永遠に続く « WIRED.jp

これら8つのVR作品が、トライベッカ映画祭で注目を集めた|WIRED.jp

広告を非表示にする